【つらい作業はもういやだ!!!!!】期間工で楽な会社比較まとめ

 

つらい作業はもういやだ!!


期間工のブログを見ても大して差がわからない。


ただつらい作業はやりたくない。


楽をして稼ぎたい!!!


そんな期間工志望の方ぜひご覧ください。


期間工の仕事をする上で一番仕事が楽な会社を選びだします


今回はつらい作業を比較した後に、楽な会社を選び抜きたいと思います。


5社対抗つらい作業の期間工はどこだ??


参加していただく企業は


いすゞ・スバル・ホンダ・トヨタ・デンソー


大手5社対抗で決定させていただきます



~いすゞの期間工編~


いすゞの期間工の場合、工場の温度管理が出来ていないです。


冬の場合、夜勤は月に何度かしかないぶん体を慣らすのに大変です。


夏の場合、暑さが湿気と温暖すぎるため非常にしんどいです。


いすゞの期間工は3つの工程に配置されます。


①部品供給②ライン作業③加工作業


この三者三様つらい作業があります


部品供給の作業の場合は、待機時間があったりするので夜勤の場合は寒さ、睡魔との格闘が必要です。


ライン作業では、作業の仕方、部品の扱いについて、作業が単調なため精神的にもまいります。


加工作業では、粗材を投入して熱で溶解し、成型、そして後処理、暑さとの戦い。


 


~スバルの期間工編~


スバルの期間工の場合、大きく分けると3種類の工程に配置されます。


ラインで部品を取り付け工程・ラインで使う部品を供給工程・ラインで完成した車を点検する工程です。


それら3つの工程に分かれた期間工は早番と遅番のに別れて車を仕上げます。


早番と遅番のシフトは交代制になっているので、前週が遅番で次の週が早番などということもあり、生活リズムを戻すのが非常に大変です。


またスバルの期間工の特徴として食堂があり、自炊をすることは禁止されています。


 


~ホンダの期間工編~


ホンダの期間工は車の工場に配置されます。


その車の工場は3種類に分かれており、①エンジン工場②トランスミッション工場③完成車工場となってます。


この3種類に配置される期間工は異なった仕事をします。


エンジン工場、トランスミッション工場に配置されたホンダの期間工は、小さい部品の管理や機会によって自動化された製造ラインの監視、フォークリフトなどに乗って部品の配給をする仕事など基本的に楽な仕事が多いと言われてます。


ただ、完成車工場に配属されたホンダの期間工は、鉄板を機械でつぶすプレス、塗装された枠に部品を組み込んでいく組み立てなど、こちらの工場のほうが体力的につらい作業だと言われてます。


 


~トヨタの期間工編~


トヨタの期間工の場合、組み立てや機械加工、鋳造、部品供給など、ライン作業を行います。とても単調なため苦痛を感じる人もいるそうです


トヨタは、ほかの工場と大きな差がありトヨタの工場自体が【必要な時に 必要なものを 必要な分だけ】という発想があるそうです。


なので必要以上に在庫をストックしておらず、自分のところでミスし作業に遅れが生じると工場全体が止まってしまい遅れが生じます。


もしミスにより遅れが生じて時間に間に合わなくなると、期間を延長できず、一定期間しか働けなくなります。


こうした現状を知る人はミスを犯すと非常に焦り、怪我の原因にもなっているそうです。


トヨタの期間工は肉体的というよりかは精神的につらいのが特徴です


 


~デンソーの期間工編~


デンソーを経験した方は声を揃えて楽だったとおっしゃいます。


その理由として、デンソー内でも一番簡単だと有名な作業が検査工程の仕事です。


部署にもよるが、一般的な検査工程の内容は自社の機械で生産してる部品を、問題がないかどうかのチェックをするだけの作業です。


たまに異常な部品が流れてくることがあるので、それを取り除いたり、上司に問題がないかの報告をするだけの仕事です。


またデンソーの期間工は女性と男性の割合は50:50なので、期間工どうしでカップルが何組かいるそうです。


さらにデンソーの日給はトヨタ自動車と代わりないが慰労金・満了報奨金の高さがトップクラスの期間工の仕事となります。


年収も500万を超えるようです。


 


すべてを比較した中でも圧倒的にデンソーが楽な会社です。


給料面や仕事面においても、NO.1でした。


どこの期間工で働くか悩んでる方


つらい会社は辞めて、楽な会社へ行きましょう。


ご参考になりましたでしょうか?