期間工をしている人の年齢って?40、50歳の場合はどうか?!

※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

 こんにちは。

 このコーナーはデンソーやトヨタの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

それでは今回は「期間工の年齢」についてですね、私の知っていることやネットに書かれていることについてお話していこうと思います。 

◆期間工の年齢ってどうなの?現役期間工が語ります

 

 これから期間工になろうと思っている方で、年齢がネックになっていて面接へ申し込もうか、それとも申し込まず諦めようというふうに思っている方もいると思います。

 期間工という仕事はネット上で見るとやはり非常に辛い肉体労働というふうに書かれているので、仮に30代後半の人や40代の人などですね、ちょっと年齢に不安があるなというふうに感じてしまう人もいるかもしれません。

 

◇現役期間工は何歳まで見てきたか?

まず、私の経験からお話させていただこうと思いますが、私は今までいくつかの会社で期間工として働いてきました。 

すべての会社で40代の期間工の方というのは見てきました

まず1つの工場ですと、私が最後辞めるときに40代の方が引継ぎで新しく赴任してきました。

この方は期間工を初めてする方で、工場勤務も初めてという方でした。その人と同期で入ってきた人、その方も40代後半でしたね。

この方は他社でも経験があって、その経験した会社というのがトヨタ、日産というふうにおっしゃっていました。

トヨタが初めての期間工で、その後日産と両方とも3年満了ですね。

 6年前に初めて期間工になったということですが、その6年前も40代になってから、初めてトヨタの期間工へ面接を受けたというふうにお話を聞いています。

 別の工場の話になりますが、もう1つの私が働いていた別の会社の別の工場の期間工に関してですが、そこは私のいる部署に限った話ですが、非常に平均年齢が高かったです。

 平均年齢で40後半というかたちになっていました。

 私は20代なのですが、普通に50代の方もいらっしゃって仕事をされている環境でした。大体40代前半の方が1番多かったかなという印象です。

 当然ですね私が一番若いかたちになっていて、30代後半の人で私が入る前までは1番若いというような感じだったようです。

 こちらの年齢層が高かった工場でも他社で期間工の経験があったという方がいらっしゃるのですが、スバル、トヨタ、豊田自動織機で期間工をされているという方がいらっしゃいました。

 自動織機に関しては30代のころに仕事をしていたという方がいらっしゃいましたね。

 ほかトヨタとスバルは40代に入ってから入社したという方がいらっしゃいました。

 同僚からお話を得ました情報でいいますと、トヨタ、スバル、ホンダ、豊田自動織機、デンソー、こちらは皆さん40代、自動織機は30代というお話だったのですが、入社が可能といわれる会社になっていると思います。

◇インターネットからわかる期間工の年齢について

 次にインターネットの情報から年齢の上限等を探っていこうと思います。

 まず1次情報としてスバルで期間工をされていて、ブログを運営されている方がいらっしゃいます。

 「底辺期間工のリアル」というブログを運営されているのですが、そのブログ主さん40代でスバルの期間工として働いているようです。

 したがってやはりスバルは40代でも気にせず採用しているというのが分かると思います。ただこちらのブログを運営されている期間工さんが、スバルには経験者として入社されています。

 なので、未経験で40代で入社したというわけではないので、そちらはお間違いのないようにしていただければと思います。

 ではネットの情報等を見てお話していこうと思いますが、こちらの情報に関してはおそらくまた聞き、嘘の情報も混じっているかもしれないということをまず念頭においてお話を聞いていただきたいと思います。

 まずトヨタの情報についてです。トヨタの工場の堤工場で60歳の期間工、田原工場でおよそ見た目が55歳ぐらいの期間工の方が働いているのを見たことがあるというふうなネットの書き込みを見つけました。

 次にスバルの情報ですが、40代の方も働いているのを見かけたという情報があります。

 こちらのスバルの情報に関しては先程紹介した「底辺期間工のリアル」を運営されている方も40代でスバルで働いています。

 こちらの方は経験者ということもありましたが、40代でスバルで働けるという情報の信ぴょう性を増す情報になっていると思います。

 次にデンソーですね。ネットの書き込みでは60を超えているのではないかという見た目の方も働いているというような書き込みもありました。

 私の情報でも実際に50代の期間工の方の情報を聞いているので、高齢の方でも割と働きやすい環境になっているのかなというふうに思います。

 次にアイシンですね。ネットの書き込みでは50歳で入社することができたというふうな書き込みを見ることができました。

 情報の信ぴょう性については分かりませんが、この書き込んだ本人が50代で入社することができたということで、少し心強いコメントになっていると思います。

 あと、アイシンの期間工の半分ぐらいが40代以上の方だという書き込みも見つけることができました。

 基本的にアイシンは部品系の工場になっているので、デンソーと同じくこういった体に負担の少ない会社は少し年齢が高い傾向になっているように思います。

 次にホンダですね。インターネットの書き込みでも40代後半の方が新人期間工として入ってきたというふうな書き込みを見つけることができました。

 私もホンダの期間工では40歳で新人というふうな情報を本人から直接聞いた経験があるので、こちらも信じられる情報だと思います。

 次に日野の期間工ですね。こちらは同期の方で50歳の方がいたというふうな情報がありました。日野期間工は扱っている車が大型のトラックやバスというものになるので、少々他社の期間工と比べると辛い作業になってくると思います。

 その中でも50代の方が仕事をされているということで、少し意外な情報ではありました。ただですね、日野の場合トランスミッションやエンジンといったパーツも自社の工場で製造しているということで、もしかしたらそちらの配属になっているのかもしれません。

 日野も一般的なラインのほうでは非常に辛いというふうな話が出ていますが、そういった部品の製造の工場では女性も多く、肉体的にはそれほどきつくないというお話を聞いているので、年齢がいっている方でも働きやすい環境になっているのかもしれません。

 こちら最後の情報ですが、マツダの期間工についてです。

 マツダは基本的に誰でも入れるといわれているような会社になっています。

 やはり50代の方で働いている方を見たことがあるという情報をネットで見つけることができました。

 ネット上の書き込み等ですね、マツダ自動車なんかは最後の砦なんていわれている会社でもあります。

 高齢者が多く働いているなんて書き込みも、多々見受けられるので、例えば年齢が原因で他社の期間工に落ちてしまったのではないかというふうに自分で考えている方は、もしよかったらマツダの期間工の面接へ応募されてみてはいいのではないかなというふうに思います。

 

【まとめ】

 今回は各社の期間工の年齢についてネットの情報と私が本人から直接聞いたことのある情報を踏まえてお話させていただきました。

 一応私もいくつもの工場で期間工として働いてきた経験があるわけですが、その工場でも以外にも高齢の方、40、50歳といった方を多く見てきております

 なので、基本的に体が健康であって、経歴に何か怪しいところがない、面接でその場にそぐわないような行動をしなければ、40、50歳であっても入社できる会社はあるのではないかと思っています。

 ただ入社できるからといって、どの会社でもいいから入ろうというのは個人的にあまりお勧めできないと思っています。

 個人的には年齢が少しネックになっているよという方であれば、デンソーやアイシンという会社がいいのではと思っています。

 こちらの2社に関しては車体の期間工ではなくて、部品系の期間工になっています。

 待遇はトヨタやホンダといった車体系の期間工と遜色のないものになっていますが、作業内容が重労働ではないので、年齢が気になるような方でも問題なく仕事ができるようになっているのではないかなというふうに思います。

 実際に私も部品系の会社で期間工をした経験がありますが、やはり同じ自動車産業であっても車体系と比べてすごく楽な作業になっています。

 ネット上の書き込みではそういった楽な部署には結構肉体的ではなくて精神的に辛いことが多いという書き込みも見受けられるわけですが、年齢が少しネックになっているなというふうに思っているのであれば、やはり肉体的な負担を軽減させたほうが仕事も長続きするのではないかなと思っています。

 したがってネット上で例えば高齢者の受け皿なんていわれていますマツダ等に就職する前に、一度作業が楽だといわれているデンソーに一度面接の応募をしてみて採用されるか試してみてもいいと思います

 ということで今回は期間工の年齢についてお話させていただきました。

 私の個人的な意見ですと、現在期間工は20代から50代の方までいろいろな方が仕事をされている現場を実際に見ているので、あまり年齢のほうは気にしなくてもいいと思っています。

 ですので、今40代50代という方でこれから期間工になろうかなというふうに思っていて、でも少し年齢が・・・と思っていらしたら、そこは気にせずまずはご自分の働いてみたい会社の面接を受けてみてはいいのではないかなというふうに思っています。

 それでは今回はここで終了としたいと思います。

 ありがとうございました。

 

6月28日 追記

経験者じゃないと雇用されない?

期間工に応募したいと考えても、年齢の壁で40代、50代の人は躊躇されることと思われます。各社の期間工募集要領を見ると、応募資格には「年齢18歳以上」と明記されて上限を設けていませんが、実情はどうでしょう。

 会社によっては、40代以降の人は採用しないというスタンスをとっているところもあるようですが、逆に40代50代の人を積極的に採用している企業もあるようです。

 40代以上でも、仕事に関連した資格(自動車整備士、フォークリフト、溶接技術など)を持っている人や、期間工の経験者は採用される可能性が高まります。

 しかし、資格や経験がなくても諦める必要はありません。40代・50代が敬遠される理由は、体力やスピードですが、負荷の少ない軽作業やライン作業ではない仕事では、40代の人も採用されています。

採用の最終評価基準は、期間工で働きたいと希望する本人のやる気と健康と人柄です。積極的に前向きに採用試験に臨めば道は開けることでしょう。

 次の項で、実際の企業で期間工として40代・50代の採用状況などを紹介します。

 

40代の期間工…どの企業が一番雇用されやすい?!

それでは40代・50代の期間工の採用状況の実態を紹介します。ブログ情報ですが、期間工の生の声と捉えて報告します。 

ブログ内容から判断してランキング形式にしてみました。それでは、どうぞ!!

 

『期間工の生の声抜粋』

【1位】 トヨタ  堤工場には60才、田原工場に55才がいる【今トヨタで働いている40代の声:職場に50代が2人いた】

 【2位】 ホンダ 40代後半の期間工新人がいた 寮には40代がたむろ

 【3位】 アイシンAW 期間工の4割が40代以上

 【4位】 デンソー   41才、60才越えもいた

 スバル、日野、日産、トヨタ九州、マツダでも40代・50代の在籍情報があります。 

 参照URL

 トヨタは雇用対策法の改正前の応募資格が「未経験者は45才まで」だったそうです。

各社から40代以上の採用情報があるので、チャンスはありそうです。

 もう一つ耳寄り情報です。パナソニックグループでは「40代・50代の期間工も幅広く採用している」との嬉しい情報です。こちらはライン作業ではないので40代・50代でも働けるようです。

 40代・50代で期間工に応募しようと考えていたら、この記事の情報を参考にチャレンジされてはいかがでしょうか!

 参照URL ②参照URL