≪東京≫住み込みのアルバイトをご紹介!!

アルバイトというと、自宅から近くの喫茶店や小売店へ通って働く、というのが一般的だと思います。

ですが、世の中にはいろいろなアルバイトがあり、「住み込みで働く」というタイプもあります。

これは、「勤務先(もしくは勤務先の近く)に住みながら、働く」というスタイルです。

ですので、通勤の手間がありません。

実際アルバイト情報サイトをみると、たくさんの住み込みのアルバイトについて掲載されています。

ですが、「実際住み込みのアルバイトってどうなんだろう?」という不安もあるかと思います。

そのため今回は東京の住み込みのアルバイトに関して詳しくお伝えします。

これからバイトを探される方はぜひ参考にしてください。

東京の住み込みのアルバイトはどういったものがある?

アルバイト情報サイトをみると、さまざまな住み込みのアルバイトがあります。

よく掲載されているのは以下のようなアルバイトです。

・工場・軽作業

自動車整備や電子部品の組立・検品、プラスチック製品の製造などのお仕事です。

工場・軽作業といっても数100種類の職種があります。

ですので、ご自身にあったお仕事も必ず見つかるはずです。

・コールセンター

旅行会社のコールセンターのお仕事です。

先輩がしっかりとサポートし、業務のイロハを教えてくれます。もちろん住み込みです。

・学生寮の調理

学生寮での調理のお仕事です。

地方から上京してきた学生さんの量で朝食を夕食を作るものです。

なお、お仕事をするためには調理師資格が必要です。

・新聞配達員

新聞配達というと、朝が早く通勤するだけでも大変そうなイメージがあります。

しかし!住み込みなので、通勤という手間が省けます。

アルバイトから入社後、社員になることもできます。

・分譲マンション管理員・マンション清掃員

マンションの管理者のお仕事です。

アルバイト情報サイトで募集されているものや、マンションの管理会社が直接応募している場合もあります。

東京で住み込みのアルバイトをするメリットは?

住み込みでアルバイトするメリットは2つあります。

・家賃の負担がない!

東京で一人暮らしをしようとすると、家賃の負担がとてもおおきくなります。

東京での一人暮らしの家賃相場は約6万円から7万円となっています。

交通の便が良いところの場合でしたら、もう少し金額が上がる可能性があります。

かといって、家賃の金額が低いところを探そうとすると、最寄り駅から遠くなってしまい通勤に時間がかかることになる場合が考えられます。

その点、住み込みで働くと会社側で寮を用意しているので、家賃の負担がなかったり、会社が半分負担してくれるなどの軽減措置があります。

また、寮の場所も勤務先に近いところにあるため、通勤の負担が少ないのも魅力です。

・家具が設置されている、光熱費の負担がない!

一人暮らしで生活をすると、家具(タンス、ベット、TV、洗濯機など)を自分で準備したり、光熱費を負担しなくてはなりません。これも大きな負担となります。

しかし、住み込みでアルバイトをした場合、家具も事前に用意されており、かつ、光熱費も会社負担になっています。

これであれば、引っ越しの初期費用もぐっと抑えられますし、毎月の光熱費負担もないため、かなり余裕が生まれますね。

特に東京の住み込みで稼げるバイトは何か?!

東京で住み込みで働けるアルバイトはたくさんあります。

その中でも特に稼げるアルバイト案件を3つお伝えします。

・マンション住込み管理員

マンションの受付業務や共用部の清掃、マンションで住んでいる方々が安心して生活できるよう、マンション内の巡回や設備の点検などの業務をするお仕事です。

住み込みでの仕事になるので、家賃・光熱費の負担はありません。

また、引っ越し費用の負担もないため、初期費用もあまりかからず始めることができます。

社会保険も完備されています。

・学生会館の管理・調理

寮で生活している学生さんのための朝食・夕食の調理、寮の管理を任されるお仕事です。

こちらも家賃・光熱費・引っ越し費用の負担はありません。

また、週休2日となっており、しっかりお休みもとれるお仕事となっています。

・期間工

自動車整備工場や電子部品製造工場などで勤務するお仕事です。

期間工とは、「業務する期間が決まっている契約社員」のことを指します。

このお仕事も住み込み用の寮が用意されており、家賃・光熱費の負担はありません。

もちろん、社会保険も完備されています。

また、期間工の魅力として「奨励金」というものがあります。

例えば、1か月後に1万円、2か月後にも1万円など、働く期間が長くなるほど奨励金が支払われるます。

加えて入社お祝い金を支給する会社もありますので、かなり給与面は手厚くなっているのでおすすめのお仕事です。

期間工になるには?

給与面の待遇もよく、生活費の負担も少ない期間工のお仕事ですが、どのようにすれば期間工になれるのでしょうか。ここでは期間工になる方法をお伝えします。

・アルバイト情報サイトなどから応募する

まずは、募集しているお仕事に応募しましょう。

ここから期間工への道が開けます。

会社によって行っている業務や勤務先が異なっていますので、必ずサイト上で条件をしっかり確認しましょう。

また、奨励金・入社お祝い金の有無、引っ越し費用の負担についても、アルバイトの情報欄に詳細が記載されていますので、こちらもチェックしましょう。

もし、情報がない場合にはアルバイト情報を出している会社の公式サイトにアクセスして確認することをおすすめします。

会社名は、アルバイト情報の下部に記載されていることが多いです。

・面接

応募すると、会社より面接の日程調整の連絡がきます。

担当者と相談して面接日を設定しましょう。このときに面接の際にもっていく持ち物の確認をしておきましょう。

面接時の髪色に関しては、過度に派手でなければ問題ありません。

服装については、スーツでなくていいので、シャツにズボンといったカジュアルで清潔感のあるものにしましょう。

面接当日は時間に余裕を持って行きましょう。

忘れ物がないか、しっかり確認することも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京の場合、家賃の相場が高く、一人暮らしするには経済的な負担がどうしても大きくなってしまいます。

しかし、今回ご紹介した住み込みの期間工のお仕事であれば、家賃や光熱費の負担がないため、生活に余裕が生まれるとともに、貯金をすることができます。

また、頑張り次第では昇給や、正社員登用の道も開けていきます。

給与面も福利厚生面も待遇は厚くなっているので、期間工のお仕事はおすすめです。

「住み込みで仕事をしてみたい!」と思った時は、期間工を検討してみてください。