《懸念点?!》日払い工場の落とし穴・・・

働いたらすぐにお金がほしい

アルバイトを選ぶとき日払いというのを気にしていませんか?

そんなあなたへ…

日払いではメリットもデメリットもあるんですよ!

今回そんな日払いの工場で働こうと思っていた方向けに解説させていただきます!

工場で働くことの特徴

ご存知でしたでしょうか?

工場は平均給与が高いといわれているんです!

「工場ワークス」(http://04510.jp/、株式会社インターワークス)が2016年2月に発表したデータによると、2015年12月度の工場勤務をする人の1カ月あたりの月給は全国平均で177,215円でした。

ここからボーナスなしで年収を計算すると、工場勤務をしている人の平均年収は、177,215円×12カ月=2,126,580円です。

また、時給は全国平均で1,108円でした。この数字は前年の同月と比べて、3カ月連続で上がっています。

こちらで見てわかるように全国平均の時給が1108円もの高さでした。

平成28年度の全国平均の時給は823円です。

約300円ほどの差があることに驚きが隠せません。

たった300円の差のように見えるが1日フルで働いただけでも2400円もの差になり、

さらに一ヶ月では、約5万円の差になり、1年で60万円もの差になります。

さらにこれは通常業務で計算したので、残業などが多いと更に差が大きくなります。

ここまででわかってもらえたようにこんなにも工場で給料が高いのです。

そんな給料の高い工場で日払いの仕事をいただけるのであれば、

働いた金額がすぐに見ることが出来、とてもやりがいを感じれますよね。

ですが!日払いの工場には少し懸念点もあります。

日払い工場では懸念すべき要素もある?!

ネガティブな要素とは、日払い方法の確認、募集と条件が違う可能性、確定申告も必要?!

これら3点がネガティブ要素になります。

①日払い方法の確認でしたが、まずどのように支払われるかを確認したほうが良いでしょう。

こちらで手渡しなのか、それとも銀行振り込みなのかで、印鑑が必要かどうかにもかかわってきます。

次に、決められた曜日にしか支払われないケースがあります。すぐにお金がほしくて日払いをしたのに手にするのは少し遅れてしまうことがあるのです。

②募集と条件が違う可能性

募集でかかっている金額と条件が異なることがあります。

なので、お金の支給されるタイミングで金額の差に気づくこともあるんです。

③確定申告も必要?!

確定申告は非常に手間ですよね。

103万円を越えた際は自分で確定申告を行う必要性があるのです。

これら3つの他にもありますが、

事前に調べておく必要がありますね。

なら日払いではなく短期で3ヶ月とか働くとどうなのでしょう?

日払いで工場よりも短期で少し働くほうが良い?

短期で3ヶ月ほどしっかり働くのであれば日払いよりも短期のほうが良いです。

なぜなら、日払いで毎回企業を選ぶ手間が省ける、一回の給料額が非常に高い、福利厚生の充実などがあります。

この他にもありますが、短期で行うことで上記の3点が特徴的ではないかと思います。

もちろん短期ですら続けられず途中でやめるのであれば、日払いで地道に稼ぐのも良いでしょう。

ですが、そういったことに懸念がないのであれば短期で働くことをお勧めします。

短期で働くのであれば期間工という職が特におすすめです。

なぜなら期間工には期間を満了することができれば、高額な手当て(満了金)をいただくことが出来るのです。

日払いではもらうことのできないような高額給付になるのでそちらをもらうのもいいと思います。

そんなあなたは!短期で期間工が一番良い!

そもそも期間工とは製造業のライン作業の契約社員として仕事をする人のことを指します。

ここでいう製造業とは基本的に大手自動車メーカーと契約することが多いです。

つまり、短期ではありますが、大手自動車メーカーで働いているという実績が残るのです。

この他にも残業代はもちろん至急されます。時期によっては繁忙期などで残業代が恐ろしいほど高額になるのです。

こうした給料額ももちろんですが、福利厚生も整っているのが期間工の魅力です。

アルバイトや派遣社員ではないと思いますが、期間工は社会保険もしっかりと保障されています。

この他にも会社が保有している寮で住むことができ、更に寮費もほとんど無料(少しかかる企業もあります)、食堂も完備していることがあり、

主な生活費というものがかかることがないのです。

こうした手厚いフォローにより、期間工を3年勤続した方には1000万もの貯金をためることが出来たのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日払いにももちろんメリットはありますが、もちろんでメリットもあります。

本当にお金がほしくてためたいと感じているのであれば、期間工を短期でがっつりと稼ぐのも手段といえます。

あなたにあった雇用の方法を考えてみるのも良いと思います!