女性も必見!派遣Styleのお得な使い方を教えます!

■女性歓迎の職場を探したい!

結婚して10年あまり経って家庭生活も安定し、子供を育てる手間もかからなくなった。
そこで自分のキャリアを活かせる職場を探し、もう一度、社会に出てみたい、という方はいらっしゃいませんか。

このようなケースでお仕事をゲットできる、とっておきの「派遣求人サイト」があります。
それが、ここでご紹介する「派遣Style」です。

このサイトを活用して、あなたのスキル、好み、キャリア、適正にぴたりとしたお仕事をゲットしてみてはいかがでしょうか。

■派遣Styleとはどのようなシステム?

なんですって!「派遣Style」なんて初耳だわ。
とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこのサイトの正体を探ってみてはどうでしょうか。

このサイトは株式会社インターワークスで運営している、信頼できる「派遣求人サイト」なのですよ。

信頼できるこのサイトは、日本でも最大級の求人数を掲載し、「笑顔でイキイキと働く人」を応援してくれます。

ですから、このシステムを活用すれば、ご自分の「ワークスタイル」にぴったりしたお仕事を選択することができます。

誰でも、お仕事を探すときには、次のようなことが気になります。

  • プライベートとお仕事を両立できるか
  • 自分のキャリアをもっとアップしたい
  • イロイロなお仕事を経験してみたい
  • 残業はあまりしたくない
  • 安定した信用できる企業で思い切り働きたい

ですから、求人情報としても、これらの条件がどうなっているかを確認したいと考えることでしょう。
 
このような求人情報を提供してくれるのが「派遣Style」なのです。
こうして探しあてた「派遣社員」なら、あなたの求人条件を満たし、スキルやワークスタイルを活かしてくれる可能性が高いといえます。

しかも「紹介予定派遣」というシステムを活用すれば、正社員への途も開ける可能性があります。

派遣で働きながら、職場のムードを肌で感じ取ることができますし、実務を通してご自分の能力をアピールできるため、正社員になってからも安心してはたくことができます。
このようなメリットは大きいでしょう。

これで「派遣Styleというシステムの素敵な姿が見えてきたようですね。
仕事をエンジョイしながら、家族などプライベートの側面も充実させていき、さらに将来に向けてのキャリアップのために磨きをかけることも可能になってきます。

こうした夢を実現してゆくためにも、ご紹介したこのシステムを有効に活用されるようおすすめします。


■派遣Styleならあなたにピッタリの正社員のお仕事が見つかる!

ここではまず正社員のお仕事を探ってみたいと思いますが、いかがでしょうか。

★正社員のお仕事のポイント

この正社員のはなしになると、

  • 正社員になればどんな「やりがい」があるか
  • 正社員になったときにはどこが大変といえるか
  • 正社員に求められるスキル・適正はなにか

などが気になります。

そこでこれらを探ってみてはどうでしょうか。

★正社員の「やりがい」はどうか

そもそも正社員というのは、その企業主としての会社という組織を構成するメンバーのひとりです。

ですから正社員は、派遣社員・パート社員・アルバイト社員よりも強い「当事者感覚」を持って仕事に打ち込むことができるはずです。

その努力や企業に対する貢献度が評価されれば、昇給・昇進に結びつきます。
さらにボーナスで高く評価されることもあります。

そのうえ、「短期的な仕事」とか「部分的な仕事」だけではなく、総合的・長期的な成長が期待される職務も任されるようになります。

こうして正社員ともなれば、将来は企業の一角を担う人材として期待されるのです。
それだけに「やりがい」があることになります。

★正社員になったときにはどこが大変といえるか

このように正社員になれば、「やりがい」がありますけれども、その反面において責任が重いという実感が湧いてくることでしょう。

具体的には、後輩や部下の指導による責任を問われとか、チーム全体の成績の責任を問われこともあります。

そうなると、派遣で働いていたほうが気楽だったと溜息をつくこともあるでしょう。

しかし、「仕事のやりがい」と「仕事の責任」とは、いわば表裏一体の関係にあります。
そうだとすれば、正社員になった以上、より深く企業と関わり、いわば苦楽をともにするポジションにあるのだと覚悟することをおすすめします。

★正社員に求められるスキルと適正はどうか

正社員は企業組織としての会社の組織の一員である以上、その会社の価値観とか文化的な側面をよく理解しなければなりません。

しかも自分の役割さえ果たしていれば足りるというものではなく、広く周囲に目配りをするなど、会社が組織として適切に機能しているかどうか、組織の一員としての自分がもっと会社に貢献してゆくためにはどうすべきかを考える必要があります。

このようにチームプレーを強く意識することもたいせつになります。

こうした視点に起って活動できるようになれば、自然と企業の進展に対する貢献度も高められていくはずです。
そうなれば自分の存在価値も高まり、昇給・昇進にも繋がってくることでしょう。

★正社員応募の気構えは?

このよう正社員の性格とそのお仕事のポイントが明らかになりましたから、社員に応募するにあたっては、この程度の認識と気構えがたいせつとなります。


■短期・単発のお仕事ならこれ!

このような正社員としての長期的なお仕事に対して仕事の形態としては「短期・単発」のお仕事はどうでしょうか。

★短期・単発のお仕事とは?

ここに「単発」とは、勤務日数が10日以内の求人をいいます。
これに対し「短期」というのは、11日から3ヶ月未満の求人をいいます。

それ以上の求人が「長期」といわれるわけです。

この「短期・単発のお仕事」は、販売職を例にとると、「オープニングスタッフ」や「キャンペーン期間中のスタッフ」増員として募集されます。
これに対し製造業においては、繁忙期の作業を補助する補助員として採用されます。

いずれにしても、短期・単発のお仕事では、期間経過後において、そのまま長期勤務を打診される可能性があります。

そうだとすれば、このエリアの長期勤務に不安があるため、まず「短期・単発」にトライしてみよう、という方におすすめといえます。

★短期・単発のお仕事のポイント

そうすると「短期・単発のお仕事のポイント」が気になりませんか。
そのポイントを探ってみてはどうでしょうか。

この「短期・単発」といえば、

  • それには、どんな「やりがい」があるか
  • 短期・単発では、どこが大変といえるか
  • 短期・単発に求められるスキル・適正はなにか

などが気になりますので、これを探ってみましょう。

★短期・単発には、どんな「やりがい」があるか

このケースではメンバーの全員がひとつの目標に向かって力を合わせ燃え上がってゆくという働き方ができますから、「やりがい」があります。
全員が同じくスタートしてひとつの目標に向かい突進するので、相互に競いあい、充実した働き方ができます。

★短期・単発では、どこが大変といえるか

ここでは、働く期間が短いので、短期間に仕事の内容を理解し、自分に与えられた役割をこなしていく必要があります。

その指揮系統が混乱してトラブルが発生する可能性もあります。
これらを乗り越えてゆく気構えが要求されます。

★短期・単発に求められるスキル・適正はなにか

ここでは短期ですから時間をかけて育ててもらう余裕はありません。
ですから自分からすすんで質問するとか、工夫するという自発的対応能力が要求されことになります。

慣れない環境にうまく適応してゆく強い意思が求められます。

■女性が多い職場のお仕事


この女性が多い職場は、女性向けの商品やサービスを提供するショップやサロン、調理の補助の仕事や保育に関する仕事、また一般的な事務職などがあてはまるでしょう。

主婦やミドル、シニア層が働ける場所でもあり、女性同士や世代の広い方達とアットホームな雰囲気で働くことができるお仕事を探せるでしょう。

女性らしいきめ細やかな気配りや上品なサービスなどを求められることも多いので、言葉づかいや身だしなみには十分注意するようおすすめします。

★女性が多い職場のお仕事のポイント!ここにやりがいが!

女性が多い職場では、女性が働きやすいような制度や福利厚生制度が充実している職場が多いようです。

そのうえ「残業なし」「勤務時間が選べる」などの求人も多く、特に家庭を持っている女性には働きやすい職場といえましょう。

さらには「子育てが終了したのでしっかり稼ぎたい」という人に適した求人もあります。そしてアパレルやファッション系のお仕事も多いので、おしゃれに関心が高い女性とかセンスに自信がある方などは積極的にチャレンジしてみられるようおすすめします。

★どこが大変といえるか

この点については、たとえば接客業や調理補助などのお仕事では、長時間の立ち仕事になることが多いでしょう。

ですから仕事をするのにブランクがある方、立ち仕事をしたことがない方などは慣れるまで体力的に負担がかかる可能性があります。

そこで「長時間の立ち仕事はちょっと…」という方は、事務職などを中心にお仕事をチェックするとか、派遣先の勤務スタイルなどを調べるという工夫をおすすめします。

★求められるスキル・適性は?

たとえば、ショップやサロンでのお仕事は、接客業の経験がある人が優遇される可能性があります。
もちろん未経験者を受け入れる職場もあります。

そうはいっても、折角、これまでの経験を活かせるお仕事のほうが有利になります。
調理補助の仕事や、保育関係の仕事も経験者が優遇されます。

事務職はWordやExcelといったパソコンのスキルがある方は優遇される可能性が高いでしょう。

したがって事務職として働きたい方は自宅でパソコンの練習をすることがおすすめです。

■その他の仕事は!

最後に「そのほかのお仕事」はどうでしょうか。

このような「女性が多い職場のお仕事」は、その「勤務地」から探すことができます。
そのうえ「職種」から探すことも可能です。

また、派遣から離れて考えるのならば、企業と直接雇用を結ぶ契約社員もおすすめです。

自動車メーカーの期間工なら年収で400万は固いのではないでしょうか?

お金を稼ぎたい人にはもってこいの仕事ですね。


■まとめ

このように見てきた結果として、女性が多い職場のお仕事としては、「正社員のお仕事」を始めとして「短期・単発のお仕事」の探し方が明らかになりました。

これらの基礎知識を活用して、ご自分のワークスタイルに適合したお仕事を探しあて充実した人生を生き抜かれるようおすすめします。