【工場での採用を希望する方必見!】短期間で稼ぐtoyotaの期間工の仕事

工場での勤務を希望される方の理由は様々です。

オフィスワークと違い、パソコンのスキルを必要とする場合が少なく、めんどうな人間関係にも悩まされない。

スーツを着て堅苦しく出社する必要もないし、なにより座りっぱなしの仕事より体を使ってお金を稼ぎたい等々、工場で働くメリットがたくさんあるからです。

工場での働き方には大きく二通りあります。

 ・正社員として働く

 ・期間工(期間従業員)として働く

正社員で腰を据えて働くと、会社の福利厚生を受けることも出来るし、給与+ボーナスも支給されます。

ただ、工場によっては給料が安かったり、ボーナスが出なかったりと、自分の思うような収入になるまでには何年もかかる場合があります。

せっかくなら短期間で出来るだけ多くお金を稼ぎたい!

そんな時には期間工での採用を目指す方法があります。

では、なぜ期間工としての働き方を選ぶのでしょうか?

◇期間工として働く理由を解説

そもそも期間工とはどんな働き方なのか。

「期間工」とはメーカーと直接雇用関係を結ぶ雇用形態で、期間従業員とも言われている契約社員です。

正社員との大きな違いは、期間が限定されていること。

近い未来、自分のやりたいことがあり、その資金を稼ぐにはもってこいの働き方です。

今は何も見つからないけど遊んでいるわけにも行かない。そんな方は限定されている期間にこれからの自分を考えながら、貯金しておくのもいいかもしれません。

期間工には他にも沢山のメリットがあります。具体的に、期間工の口コミランキングで常に上位の「toyota」で期間工として採用された場合、どんな待遇なのかを解説しながら紐解いていきたいと思います。

◇トヨタ自動車の期間工として採用されるとどうなる?

まず給与面では正社員以上の収入が期待できます。

期間や就労回数、就労時間などによっても変動がありますが、現在の募集要項では

在籍一年目で年収400万円以上も夢ではないようです。

(1か月21日勤務、残業20時間、連続2交代制で12か月の場合)

正社員でも工場勤務で一年目にこれだけ収入を得るのは容易ではないでしょう。

満了期間が長くなるほど、月収が高い傾向にあり、満了慰労金や満了報奨金の金額も上がります。

これにプラスして食費補助、赴任手当(初回給与支払い日の在籍者に支給される)、経験者手当(期間に応じて)、赴任旅費、帰任旅費(契約満了者のみ)も出るのですから、正社員にはない高給与が期待されます。

次に福利厚生面ですが、期間工はメーカーからの直接採用のため、メーカーの規定に準じた福利厚生を受けることが出来ます。

つまりトヨタで働く場合は、トヨタの契約社員となり、一応はトヨタの社員なのです。

大きなメーカーは福利厚生が充実しているので、これもかなりのメリットと言えます。

最後に生活費があまりかからない環境にあるので、貯蓄にまわす金額が増やせます。

期間工の仕事のほとんどは寮完備の仕事ですが、トヨタの場合ももちろん例外ではありません。

寮費はなんと無料。その上、寝具一式、冷暖房機器、テレビ、冷蔵庫は備え付けで用意されています。もちろんお風呂もあり、寮や工場の食堂でリーズナブルな食費でご飯を食べることも出来ます。

そして通勤は会社の無料送迎バスが出ています。

生活費があまりかからないので、支出を最小限に抑えることができ、努力次第で想像以上にお金を貯めることが可能なのです。

◇期間工から正社員として採用される道もある。

期間工として採用されたから、期間工で働くしかない、というわけではありません。

一定以上の勤務年数、上司からの推薦などの様々な規定や、正社員登用試験もあり、簡単ではありませんが正社員になる道もあります。

正社員になった場合、長期的に見て給与も上がってボーナスももらえるかもしれませんが、期間工に比べて責任の重さは重くなるし、書類仕事などライン以外での仕事も増えます。

期間工は残業や休日手当を仕事した分だけきちんともらえますが、正社員になればどれだけ給与に反映されるかはわかりません。

期間工で働くメリットがそのまま継続されないことを忘れてはいけません。

【まとめ】

toyota で期間工として採用された場合を例にとって解説してきましたが、給与面、福利厚生面、生活面ではもちろんですが、何より世界とトヨタの仕事を間近に感じ、それに携わることができることはこの上ない経験となるでしょう。

今後のプランがある方、短期間で貯金をしたい方、まずは期間工として働くことを選択肢に入れてみませんか。

時間もお金も有効に使えるので、この上ない働き方だと思います。