【製造業は意外と楽?!】定年後、高卒未経験でもガンガン採用?! 東京、他求人情報

製造業特に工場勤務についてどの様なイメージをお持ちでしょうか。なんとなく漠然としたイメージで仕事がきつかったり、給料が安いのではないかというイメージをお持ちではないでしょうか。しかし、このイメージは一概に正しいとは言えません。

例えば、銀行は華々しいと言われている職業の一つですがノルマなどの精神的な重圧もあり退職者も多い職業の一つです。また、給料についても飲食店の低賃金、拘束時間過多の体質は近年問題となっています。

この様に職業によってのきつさは様々なわけですが製造業は実際のところきつくて、安い仕事なのでしょうか。例えば、若いけれども職歴が無い人が働き始めるにあたってまず製造業からというのは良い選択の一つです。特に期間工の場合は高度な専門知識が求められる事はなく、それでいて専門技術や知識なしで働けるサービス業と比較して高時給で職歴を作る事ができます。更に、寮などを利用すれば生活費を抑える事ができるので貯金も可能で、期間工として働いた経歴を生かして、正社員での登用を目指したり、違う会社に転職したり、貯金を元手に何か仕事を始める事も可能です。
また、高齢者についても製造業は広く門戸を開いているので、50代になって再就職が厳しい、色々な会社に断られている場合でも製造業なら採用の可能性があります。

仕事のきつさについては確かに体力的なきつさはあるかもしれませんが、ノルマや煩わしい対人関係に惑わされる事もないので精神的には楽な職場だと言えるかもしれません。特に対人関係などが苦手な人の場合は背広を着て働くよりも、工場で働く方が黙々と働けて良いと考える人も多いのではないでしょうか。

本記事では、高齢者や高卒未経験であっても、高収入でしかも意外と楽な製造業の求人のメリットや探し方について説明します。
 

製造業の仕事に就きたい!求人の特徴と探し方


はじめに製造業の求人の探し方や特徴・比較の仕方について解説します。もちろんハローワークや求人情報誌などから製造業の求人の情報収集をする事は可能ですが、求人同士の比較しやすさを考えるとインターネットで求人情報を探すと便利です。特に製造業は働き手不足という事もあり、インターネット上にも様々求人が掲載されています。例えば、工場専門の求人サイトがあったり、求人サイトでも期間工に特化した求人サイトがあったり、メーカー毎に求人サイトがあったりとありとあらゆる切り口での求人サイトが存在しています。

自分の希望する働き方、働きたいメーカーなどでグーグルやヤフーなどの検索エンジンをつかって、「トヨタ 期間工」「工場 正社員」などの様に好きなキーワードをいれてサイトを上から順番に閲覧して気に入った求人をピックアップしてください。

製造業の求人を探して比較して自分にあった求人を選ぶ際のコツは1.雇用条件、2.業種、作業内容の2つにわけて求人内容を分析する事です。

1. 雇用条件の特徴・選び方
どの様な金額と雇用形態で働くかという事です。製造業、特に期間工の求人でチェックしなければならないのは、時給以外の報奨金や手当の部分です。例えば任期満了手当や皆勤手当て、入社祝金などの様に期間工として製造業で働く場合には様々な手当や報奨金が加算されます。一見、時給が高くても、この様な手当や報奨金込みで考えると実はもっと給料が良い求人があったという事もありえます。製造業の求人の特徴として生産現場に関わる職種については時給や月給以外の手当や報奨金の部分は給料に大きな影響を与えるのできちんと確認をおこなってください。また、寮完備の場合は生活費を節約できるので、普通に通いで働く場合よりも貯金しやすくなります。

また、生産現場に関わる社員と一口に言っても、雇用には大きく分けて、正社員、契約社員、派遣社員という3つの契約形態があり、契約社員や派遣社員の場合、契約期間が終われば仕事も終わりになります。契約期間などについてのルールもきちんと確認するようにしてください。

2.業種、作業内容の特徴・選び方
次に業種・作業内容についてです。業種とはどの様な商品を作るのか、作業内容とは商品の生産のどの様な役割を担当するのかという事です。

業種については例えば、自動車や電気機械、食品などの様に作っている商品によって様々にわかれています。この業種によって作業内容が微妙に変わるのですが、一般的に行って自動車などの重工業については、生産現場では体力が求められる傾向があり、食品などの軽いモノを作る分野では重工業ほどの体力は求められません。ただし、自動車の様な高単価で体力が求められる商品を生産する工場の方が高時給で採用される可能性が高くなります。

作業内容については商品の生産についてどの様な役割を担当するかですが、大きく分けて、商品をつくるパート(組み立て、加工、溶接、板金等)とできた商品を検査するパート(検品、検査、調整等)と商品を管理するパート(仕分け、梱包、ピッキング等)の3種類に分かれています。例えばフォークリフトの免許を持っていると、商品のピッキングでフォークリフトを使うので待遇が良くなるかもしれませんし、溶接資格を持っていると製造現場で優遇されるかもしれません。製造業の求人を探す際には求人に対してアピールできる資格や技能がないかを前もってリストアップしておいてください。

この様に、インターネットを利用して雇用条件、業種・作業内容を比較して自分にあった求人を探してください。最後に、この求人に応募したいと決まった場合でもすぐに応募はしないでください。一般的に派遣社員として工場に派遣される場合、同じ工場への派遣の求人であったとしても派遣会社によって時給や奨励金などの金額、福利厚生などの条件が微妙に異なる場合があります。派遣の求人の場合は一応他の派遣会社でキープしている求人情報よりも好条件の求人がでていないかを確認してください。

以上の様に求人情報の探し方や選び方について説明しましたが、ではどの様な人が製造業の求人を狙うべきなのでしょうか。

製造業の求人の特徴~高卒でも将来性抜群?


まず、製造業の求人について一番チェックした方が良い人は高卒で何も働きたい職業が無い、てっとりばやくお金を稼ぎたい、手に職をつけたいという人です。

残念ながら高卒と大卒では就職できる企業に大きな違いがあるのは事実です。多くの上場企業や有名企業は採用条件について四大卒以上という様に学歴に条件を設けています。また、仮に高卒で就職できたとしても、給料の低い事務職であったり、派遣社員であったりという風に収入面や安定性が欠けている求人が多く存在します。つまり、やる気も体力もあったとしても大手企業で高待遇で働くのには非常に不利となります。

この様な場合に注目するべきなのが、製造業の求人です。例えば、トヨタやデンソーなど四年制大学を卒業していたとしても非常に就職するのが困難な会社も工場の採用については敷居が低く、更に正社員制度等を利用すればそこから普通に大学を卒業しても入るのが困難な優良企業の正社員になる事も夢ではありません。

また、期間工の平均年収は400万以上と言われていて年齢に関係なく勤務態度や能力によって支給されます。日本の平均年収は400万円代前半なので、10代、20代で日本の平均年収を超えるというのも十分に可能です。つまり、若い内からいきなり製造業、特に期間工では高収入を目指せるのです。

また、未経験であっても若くて体力があるのならば十分に採用される可能性があるので安心して応募する事ができます。

製造業の求人の特徴~高齢でも働きやすい?


40代、50代、あるいは定年退職した60代以上の様に再就職が難しい高齢の人についても製造業の求人は魅力的です。

特に近年は国全体として高齢者雇用対策に取り組んでいるので、高齢者を正社員として雇用する事に対して条件を満たせば国から助成金が支給されるので高齢者の採用について企業も前向きになってきています。特に、製造業などの作業について熟練の技術が要求される職種について、技術を持った高齢者を雇用したいというニーズは高まっています。
また、未経験、40代、50代であっても製造業は注目するべき求人です。成果主義の時代になったと言っても、多くの企業、特に大企業は年功序列的な組織になっています。よって、40代、50代の人を平社員として採用しようという文化は基本的にはないので、40代、50代になった場合、未経験の職種に就職する事は非常に困難となります。しかし製造業特に期間工の求人の場合、未経験であったとしても体力があり真面目に働くのであれば40代、50代であっても採用の可能性が高いのです。更に真面目に作業すれば正社員でなくとも家族を養える程度の年収も確保できます。よって再就職が困難な40代50代についても製造業の求人に安心して応募してください。

製造業の求人の特徴~女性も活躍!


最後に、製造業というとどうしても男性が機械を組み立てているイメージがありますが、実は女性にとっても環境の良い職場でもあります。例えば、パン工場でのパン作りや機械の製造業でも検品など必ずしも男性の様な力強さは要求されず、女性としての細やかさが求められる製造業の求人も存在します。

工場で女性が働くメリットとしては給料とワークライフバランスの両立です。例えば、生命保険の営業の様な仕事を選ぶと女性は確かに多い職場で歩合によっては高給を狙えますが、同僚との間に競争が発生したり、仕事の為に時間に関係なく働いたりと、誰かと競わなければならなかったり、ワークライフバランスを両立することが困難であったりします。一方で事務員などの様にまったり働く事務職の場合、ある程度時間の融通が利いてまったり働く事はできますが、一般的に時給が低くなっています。

工場はちょうどこの中間にあります。時給は事務職の求人よりも高くて、工場の生産計画通りにシフトを組むので、残業などが少なくワークライフバランスを両立させやすいのが工場の特徴です。また、同じ作業を淡々と繰り返す根気強さや、製品の欠陥などを見つける細やかさなどは一般的に男性よりも女性の方が優れていると言われているので、女性としての強みをいかして働く事が可能です。

この様に求人内容を選べば製造業は女性でも安心して働く事が可能な職場なのです。


以上の様に、製造業の求人に応募するべき人について説明してきましたが、では地方によって求人内容に違いはあるのでしょうか。次に地域別の製造業の求人情報について説明します。

 

期間工に向いている人とは?

製造業と言われる業界には、自動車メーカーや自動車部品、食品加工や、精密機器製造など、様々な業界がありますが、どの業界にも言えるのが、常に人手不足だと言うことです。日本は特に、輸出も含めると、莫大な生産率が打ち出されている国です。特に自動車業界は、24時間体制でフル稼働していても、人材不足が常態化している状況です。そんな製造業界は、常に求人募集をしており、短期の契約社員も多く採用しています。 初心者でも可、50歳くらいまでの年齢でも、女性でも採用に積極的な期間工の仕事ですが、では、どんな人が期間工に向いているのでしょうか?それは、とにかく単調な仕事であっても、コツコツと真面目に努力ができる人、常に時間を気にしての作業となるので、時間管理ができる人などにお勧めです。一方で、営業や接客業と違って、人との会話に必要以上に神経を使わなくても良いので、会話が苦手な人にもお勧めと言えるでしょう。 24時間体制の交代勤務となるので、体調管理が自己責任でできることも必要です。この勤務体系が苦痛で、仕事が続かなくなる人もまれにいるので、まずは体を慣れさせることです。期間工は、最長でも3年くらいが限度の会社が多いので、期間工を終えてからの目標も定めておきましょう。

製造業の仕事のメリットを考える

製造業は24時間体制で稼働している工場が多いので、夜勤の仕事も就業になることがほとんどです。そのため、深夜の特別手当が付き、一般の仕事よりも高給になります。さらに、期間限定の契約社員となると、入社祝い金や、期間満了金などの特別報酬が加算されます。この期間工と呼ばれる人々は、全国から募集されており、工場までの赴任費用も全額負担です。 光熱費を含む寮費が無料で、家具や電化製品なども全て揃っているため、体一つですぐに仕事を始めることができます。食堂も完備されているので、生活費はほとんどかからずに生活できるのです。食費を補助してくれる会社も多くなっており、貯金に専念できそうですね。 期間工の寮についてですが、昨今ではかなり設備が良くなっています。特に大手自動車メーカーの日産やスバルなどは、高待遇な寮が有名で、ワンルームタイプのマンションで、バストイレ付き、オートロック、宅配ボックス完備など、一般の優良マンション仕様で無料している寮も多くあります。一人暮らしを考えたら、家賃、光熱費が丸々浮くわけですから、何よりものメリットと言えます。

   

製造業の実際の求人例~東京編


まずは、東京の製造業の求人例について説明します。東京は一般的に土地が高いので、大きな敷地が必要な工場を設置するのには向いていません。よって、東京の工場は江東区、足立区の様な東側の下町地域、もしくは八王子などの西側地域に主に立地しています。よって、東京の工場で働く場合は都心から少し離れた場所での求人を探した方が良いでしょう。

なお、工場の直接雇用ではなく、派遣会社の面接を受ける場合には東京には多くの派遣会社があるので、都心で派遣会社の面接を何社か回った方が効率よく面接する事ができます。

東京の工場の求人としては例えば、トラックやバスなどの大型自動車を製造している日野自動車は東京都日野市に本社を構えているので、日野市周辺には日野自動車での期間工の求人があります。

日野自動車:日給10000円~10500円
・作業内容は自動車に関する鋳造、機械加工、塗装、プレス、溶接、組み立てなど全般的な内容となっています。
・日給とは別に早期赴任手当、初回特別延長奨励金、経験者手当、入社祝金などで
最大33万円が支給されます。
・寮は完全個室かつ備品付き水道光熱費無料で、残業、深夜、休出手当などの各種手当が揃っています。
(すべて情報は2017年5月現在の情報です。以下の求人情報も同様です。)

詳しくは参照:工場WORKS


都内で働ける期間工は2017年5月現在日野自動車しか募集されていませんが、勤務地は東京都以外で面接は東京都でやっているという求人も存在します。例えば、ホンダは埼玉県狭山市の工場の面接を東京都新宿で行っています。この様に求人サイトなどで東京の製造業の求人として検索結果に出ているからと言って、必ずしも勤務地が東京都でないことは注意してください。

以上の様な事から、とりあえず求人情報を元に何社か期間工の面接を受けて一番条件が良い会社で働きたいという場合はとりあえず東京都内で面接をハシゴするのが良いでしょう。

製造業の実際の求人例~神奈川編


次に神奈川県の製造業の求人についての調査結果を発表します。まず、神奈川県に工場を持っている自動車会社としては日産があげられます。神奈川県平塚市には日産グループの中でも自動車の製造を担当する日産車体という会社が工場を構えています。

日産車体;日給9600円
・作業内容は自動車の組み立て、塗装、検査等についてです。
・日給とは別に残業、休出、皆勤手当等の各種手当が充実しており、入社祝金30万円と満期慰労金50万円が支給されます。
・水道光熱費、寮費無料の寮を利用する事ができ、入寮する人には別途、赴任手当、赴任旅費、帰任旅費などが支給されます。

詳しくは参照:工場WORKS


他にも、神奈川藤沢市にはトラックのいすゞ自動車の工場があり、派遣会社が求人を出しています。

アウトソーシング グループ:時給1450円(いすゞ自動車への派遣)
・作業内容は、トラック、エンジン本体、各パーツなどの組みたて作業です。
・入社祝金17万円、慰労金12万円が給料とは別に支給され、給料の前借も可能です。
・寮費は無料で、水道光熱費は会社から補助がでます。
・アウトソーシング(派遣元の会社)での正社員登用制度があります。

詳しくは参照:工場WORKS


以上の様な求人が神奈川県にあり正社員を狙う事も可能です。また、平塚や藤沢の工場の場合、横浜・町田の様な繁華街にも比較的短時間で移動する事が出来るので、休日に遊びに出掛けやすい環境にあります。

製造業の実際の求人例~埼玉編


次に埼玉県の製造業の求人情報について説明します。埼玉県にはホンダが狭山工場、小川工場、寄居工場という3工場を構えています。よって、埼玉県で製造業、特に期間工として働く場合はホンダが注目するべき求人となります。

本田技研工業株式会社:日給10200円
・自動車製造に関わるプレス・溶接・塗装・組立・検査など生産ラインの仕事となります。
・経験者手当、生活立ち上げ準備金などの各種手当が貰え、特に満了一時金は3か月毎に支給され、3、6か月目9万円、9,12か月目15万円、15か月目以降は3か月毎に17万円が支給されます。
・寮はワンルームで寮費・水道光熱費は無料、寝具などの備品も無料で貸し出しています。
・在籍期間により昇給があり、正社員登用も拡大中との事です。

詳しくは参照:工場WORKS


以上の様に埼玉県の製造業の求人情報で期間工としての働き口を探している場合はまずホンダの求人情報を確認してください。

製造業の実際の求人例~大阪編


次に大阪の製造業の求人について説明します。大阪は東大阪の町工場に代表される様に中小の製造業のメッカとなっていて様々な製造業の求人があります。そんな大阪の自動車メーカーと言えばダイハツで大阪府池田市に本社を構えていて、工場も池田市にあります。

ダイハツ工業:日給9100円~10000円
・自動車の組み立て、溶接、塗装などあらゆる作業を行う可能性があります。
・皆勤手当、赴任支度金、経験者手当、満期慰労金、赴任旅費、帰任旅費などが条件に応じて支給され、満期慰労金は最大146万円が支給されます。
・寮は寮費・光熱費無料の独身寮完備で1人部屋です。

詳しくは参照:ダイハツ工業 期間社員(期間工)採用サイト


他にも大阪で製造業の正社員になりたいという場合、UTエイムという派遣会社が工場向けに派遣する社員を正社員待遇で募集しています。

UTエイム:月給 223000~296000円
・大阪府池田市の自動車工場(おそらくダイハツかと思われます)へ派遣されます。
・正社員なので雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険など各種社会保険が完備されています。

詳しくは参照:工場WORKS


UTエイムの求人の方は上の求人と同じくダイハツで働きますがUTエイムの正社員として自動車工場に派遣されるという事です。この2つの求人について正社員だからいきなりUTエイムの方を選ぶというのは得策ではありません。確かに正社員は雇用が保証されていますが、直接雇用される期間工の方が各種手当が充実している事があるからです。大阪のこの求人に限ったことではなく、製造業の求人を探す際には正社員という言葉にすぐに飛びつかず、正社員か契約社員どっちが得なのかを冷静に判断してください。

製造業の実際の求人例~名古屋編


次に名古屋近辺の製造業の求人について紹介します。愛知県には日本最大の自動車メーカーであるトヨタがありトヨタに部品を供給する為にデンソーやアイシンAWと言った有力自動車部品メーカーも名古屋近辺に工場を保有しています。名古屋近辺の代表的な製造業の求人としてトヨタとデンソーをチェックします。

トヨタ自動車:1年目日給9800円~10600円
・作業内容は自動車製造に関する各種作業という事で自動車製造に関する幅広い作業内容となっています。
・愛知県の勤務候補地は豊田市6か所、みよし市3か所、その他2か所です。
・給料の他に、6か月毎に満了慰労金・満了報奨金が支給され、35か月満了で累計300万円以上が別途支給されます。
・寮が完備されており、水道光熱費を含み寮費は全て無料となっています。
・正社員登用制度があり2016年の実績として377人が期間工から正社員になっています。

詳しくは参照:TOYOTA期間従業員のご案内


デンソー:日給9,650円~10,950円
・作業内容は自動車部品等の製造作業です。
・愛知県の勤務候補地は本社・池田・安城・西尾・高棚・幸田・豊橋の7か所です。
・給料の他に、慰労金、満期報奨金、6か月在籍手当、入社・赴任手当、再入社手当、赴帰任旅費が別途支給されます。
・公共交通機関で75分以上通勤にかかる場合は寮が利用できて寮費は無料、水道光熱費は7000円/月が徴収されます。
・正社員と登用制度があります。

詳しくは参照:デンソー期間従業員募集要項


他にも、名古屋近辺には豊田自動織機や三菱自動車など様々な自動車関連の工場が揃っています。製造業の中でも特に車関係で働きたいという人は名古屋近辺で求人を探すと良いでしょう。

製造業の実際の求人例~福岡編


今まで、地方別の製造業の求人について特に期間工に関する求人をメインに説明してきましたが、最後に福岡の製造業の求人情報について説明します。福岡は古くは北九州の製鉄の様に昔から工業が盛んな地域で、自動車メーカー各社も自動車製造の為の子会社を福岡を中心として九州地域に保有しています。

日産自動車九州:月収平均296000円(例)
・自動車製造に関する各種作業を行います。
・勤務地は福岡県京都郡となります。
・給料の他に入社祝金5万円、6か月に勤続ボーナス20万円が支給されます。満期慰労金は1か月毎に2万円支給、6か月毎に5千円がプラスされ、皆勤手当ては2か月毎に6万円支給されます。
・寮を利用する事ができ、1人部屋で水道光熱費・寮費は無料です。
・3年間で300人を正社員として登用予定との事です。

詳しくは参照:日産自動車九州株式会社 期間従業員募集


※掲載サイトは日総工産という工場向けの派遣会社のサイトです。

トヨタ自動車九州:日給8500円
・作業内容は自動車の組み立て検査などですが特に九州の工場ではレクサスを製造しています。
・勤務地は福岡県宮若市です。
・給料の他に満了報奨金などが支給されます。
・寮はありますが入寮条件を満たす必要があります。

詳しくは参照:トヨタ自動車九州株式会社 期間従業員の採用募集情報


※掲載サイトはMan to Manという工場向けの派遣会社のサイトです。

以上の様に、福岡県の製造業の求人情報について紹介してきました。製造業で働くと言っても必ずしも愛知や東京の方まで出稼ぎに行く必要はありません。福岡にも様々な工場があるので九州の製造業で働きたいという人は一度九州の求人情報をチェックしてください。

製造業の求人には高卒・高齢の人こそ応募すべき


以上の様に、高卒であっても高齢であっても高待遇が狙えて意外と楽そうな製造業の求人について説明してきました。製造業はどうしてもきつかったり、給料が安いというイメージが先行してしまい敬遠されがちな業種の一つです。しかし上記説明した通り、高卒であっても大手企業への正社員の可能性がありますし、高齢者であっても自分の技術が生かしやすく、女性であっても検査の部門で女性特有の細やかさを生かす事のできる業種です。しかも給料については未経験、若手であってもはじめから高給を狙う事ができるのもまた製造業の魅力です。

そんな製造業の求人については仕事の内容と待遇を見極めた上で自分にあった求人を見つけ出してください。またその際には以下の2点に注意してください。

1つ目に正社員、会社からの直接雇用が必ずしも有利というわけではありません。特にお金を稼ぎたいという場合は、入社祝金や報奨金などの給料以外の手当が豊富で寮を利用する事によって生活費をさげる事によって、給料の大部分を貯金に回せる期間工が良いですし、派遣会社を通じて期間工として働いた方が良い労働条件で働ける場合もあります。正社員、派遣社員などにこだわらずにその時に一番有利な条件の求人を見つけ出してください。

2つ目にどこにでも製造業の求人はあるという事です。本記事の後半で各地域の製造業の求人情報について紹介してきましたが、主要地域であれば必ず製造業や期間工の求人がありますし、必ずしも寮に入らないといけないというわけではありません。環境が整っている地元や実家から工場に通いたいのならば、お金を稼ぎたいからといって寮付きの期間工を選ばなければならないというわけではありません。自分が働きたい場所での求人を探してください。

最後に、製造業は定年後、高卒未経験でもガンガン採用してくれる業種です。きついというイメージ先行で敬遠されていますが、工場で決められた時間を煩わしい人間関係に囚われず、黙々働きたいという人には良い環境だと言えます。その様な人は採用されなかったら、仕事がきついのではないかという先入観を捨てて一度製造業の求人をチェックしてみるのはいかがでしょうか。